相続放棄後の代襲相続

 

相続放棄後の代襲相続

 

 

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e6%94%be%e6%a3%84_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

① 父Bが亡くなり

② 子Cは、父Bの相続に関して相続放棄済

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e6%94%be%e6%a3%84_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後

③ 祖父Aが亡くなった

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e6%94%be%e6%a3%84_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合

子Cは、祖父Aの相続に関して、相続人になります(代襲相続)

 

要するに

子Cは、父Bの相続放棄をしていたとしても、祖父Aの相続については、父Bを代襲して相続人となります

 

そのため、子Cが祖父Aの相続を放棄するためには、父Bの相続を既に放棄していたとしても、期限内(祖父Aの相続の開始があったことを知った日から3か月以内)に、祖父Aの相続放棄手続きを、改めて行う必要があります

 

父Bの時に相続放棄しているから、祖父Aの相続は関係ないと思っていると、祖父Aの借金を抱えるリスクがあるので、お気をつけ下さい

 

 

糸島・福岡の相続放棄に関するご相談

お気軽にご連絡ください

司法書士 柳橋儀博


相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら

糸島福岡西相続家族信託相談所からのお知らせ

PAGE TOP