遺言の効力を争う場合

 

 

遺言が見つかったけど、遺言の効力について争いたい!!

 

family_isan_arasoi

 

場合によっては、以下の方法により、

遺言の効力を争っていきます

 

 

 

遺言能力を争う

 

例えば

「遺言が作成されたとき、遺言者は高齢で、遺言の内容を理解していなかった」

 

 

遺言の成立を争う

 

例えば

「遺言の署名は、相続人の○○が代筆している」

「遺言は、相続人○○に脅されて書かされた」

「遺言は、他の人が偽造や変造したものだった」

 

 

相続の範囲を争う

 

例えば

「相続人○○には親子関係がない」

「相続人○○には相続欠格事由(イジメてた、殺害した)がある」

「○○は被相続人の隠し子だ」

 

 

遺留分減殺請求

例えば

「遺贈について、遺留分減殺の意思表示をする」

 

 

後の遺言が存在する

 

負担付遺贈の負担の義務を履行していない

 

条件が成就していない

 

 

期限が到来していない

 

 

などなどの事情があれば、遺言の効力を、訴訟で争うこととなります

 


相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら

糸島福岡西相続家族信託相談所からのお知らせ

PAGE TOP