会社の商号(会社名)を決めよう

 

【会社の商号(会社名)を決めよう】

株式会社を設立しようと思ったら、やはりまず会社の名前、そう商号を決めなければいけません

何でも好きな商号を使えるわけではなく、いくつかルールが存在するので簡単にルール説明

1.株式会社の商号には、「株式会社」という文字を使用しなければなりません

今はもう有限会社を作ることはできないので、「有限会社」という文字を使用できません

 「株式会社」の文字は、前でも後ろでもOKです

  例えば  株式会社ああああ / ああああ株式会社

 

2.他人がすでに登記した商号で、本店が同一の所在場所にある場合は、その商号と同一の商号は使用す

ることができません

ちなみに、相手方の会社が清算手続き中でも使用不可です

なお、「同一の商号」とは、商号の表記が完全に一致していることで、読み方が一緒であっても、漢字、カタカナ、平仮名、ローマ字などで表記が異なるときは同一の商号には該当しません

 

3.「トヨタ」や「三菱」みたいな有名な企業の商号をそのまま使用することはできません

不正の目的をもって、他の会社であると誤認されるおそれのある商号を使用してはいけないということです。不正競争防止法にて損害賠償請求される可能性がありますのでご注意を!!

 

 

4.法令で使用が制限されている商号を使用することはできません

例えば「○○銀行」「○○信託」「○○保険」など、銀行、信託会社、保険会社等であると誤認されるような商号は使用できません

 ただし、使用制限に触れるかどうかは、個別具体的に判断されますのでご相談下さい

 

5.商号の中に会社の一部分を表す文字は使用できません

例えば「○○株式会社支社」「○○株式会社支店」「○○株式会社○○支部」「○○株式会社出張所」などは使用できないということです。

ですが「○○代理店」「○○特約店」の文字は使用することができます

 そのほかに、「○○株式会○○事業部」「○○株式会○○販売部」などのように、一つの会社の一営業部門を表すような商号も使用できません

 

6.使用可能な文字

次の文字は使用可能です

・ひらがな ・カタカナ ・漢字

・ローマ字(大文字及び小文字)

・アラビヤ数字(0123456789)

・以下は、字句(日本文字を含む。)を区切る際の符号として使用する場合に限り用いることができます

「&」(アンパサンド)

「’」(アポストロフィー)

「,」(コンマ)

「-」(ハイフン)

「.」(ピリオド)

「・」(中点)

・空白(スペース)
ローマ字を用いて複数の単語を表記する場合に限り,当該単語の間を区切るために空白(スペース)を用いることもできます

 

~よく質問される事項を紹介~

 

『ABC福岡株式会社』

 日本文字とローマ字とを組合せた商号でも登記すること可能です

 

『8888株式会社』

 数字だけの商号を登記することは可能です

 

『ABC(エイビーシー)株式会社』

 ローマ字の読みを括弧書きで登記すること登記することはできません

 しかし、これは登記上の問題なので、名刺に入れるのはもちろん自由です

 

『糸島K.K.』

 「株式会社」を「K.K.」「Company Incorporated」「Co.,Inc.」「Co.,Ltd.」等に代えることはできません

 

『ABC Service Co.ltd. エイビーシーサービス株式会社』

 英文の商号と日本文字による商号とを併記して登記することはできません

以上のように、会社の商号を決めるにはルールがありますので、気をつけて下さい

商号が決まったので、次は、会社の目的を決めていきましょう☆


相続・遺言のお悩みは私たちにお任せ下さい 初回無料相談の詳細はこちら

糸島福岡西相続家族信託相談所からのお知らせ

PAGE TOP